FC2ブログ
| 記事リスト | テーマ  便秘解消 | 
便秘解消のための救世主として、水溶性食物繊維という言葉をよく耳にしませんか。

食物繊維は、水に溶けにくい「不溶性食物繊維」と、水に溶けやすい「水溶性食物繊維」の2種類に分類されます。

今回は、水溶性食物繊維の様々な作用について、主なものを挙げてみます。


水溶性食物繊維の作用(1) 便秘の解消


水溶性食物繊維は消化吸収されませんが、水分を吸収してゲル化すると粘性が生じます。

それで、水溶性食物繊維は便の適度な柔らかさを保ち、不必要な成分を取り込みながらゆっくりと大腸まで運ばれ、排便を促します。


水溶性食物繊維の作用(2) 血糖値の上昇抑制作用


水溶性食物繊維は保水性を有していて、水に溶けてゲル状になると粘性が増して、胃内の食物を包み込んで移動を緩慢にします。

それで、水溶性食物繊維は炭水化物(糖質)を吸着して吸収を阻害し、糖が血液中に増える速度を遅らせて食後の血糖値が急激に上昇するのを抑えてくれるのです。

また、満腹感で食べ過ぎを防ぐ効果も期待できます。

こうして水溶性食物繊維は、糖尿病の予防や悪化を防ぐのです。


水溶性食物繊維の作用(3) 体脂肪の増加抑制作用


水溶性食物繊維は、コレステロールなどの脂質を吸着してそのまま排出します。

それで、コレステロールの吸収が抑制されて、脂質代謝異常や動脈硬化などの生活習慣病を防ぐ働きがあるのです。


水溶性食物繊維の作用(4) 血圧上昇を防ぐ作用


水溶性食物繊維の吸着作用によって、食物中のナトリウム(食塩)を吸着して排泄する働きがあり、血圧の上昇を防いでくれます。


水溶性食物繊維の作用(5) 整腸作用


大腸の中の悪玉菌が優勢になると、腸内にその代謝産物の有害物質が増えて、大腸癌などの腸の病気の原因となります。

水溶性食物繊維は、腸内でオリゴ糖に変わり、腸内に存在する善玉菌の養分となって善玉菌を増やし、腸内環境を改善する働きがあります。


水溶性食物繊維の種類


 ■ ペクチン
 ■ グアガム
 ■ アルギン酸
 ■ グルコマンナン
 ■ フコイダン
 ■ コンドロイチン
 ■ ポリデキストロース


水溶性食物繊維の多い食品


水溶性食物繊維は、野菜や果物、海藻などに含まれます。

水溶性食物繊維が多く含まれる食品には、オクラ、アボカド、きのこ類、海藻類、コンニャク、ごぼう、納豆などがあります。

特に、ネバネバの性質であるオクラ、納豆、やまいも、きのこ類のなめこや海藻類のめかぶなどは、糖分吸収を抑える作用があります。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
!--/container---------------------------------->