FC2ブログ
| 記事リスト | テーマ  便秘解消 | 
食物繊維を分類すると、水に溶けにくい「不溶性食物繊維」と、水に溶ける「水溶性食物繊維」との2種類に大別されます。

今回は、不溶性食物繊維についての話題です。

不溶性食物繊維は、植物の細胞壁を作る物質が中心で、水に溶けず、高い吸水性が特長です。以下に、不溶性食物繊維の効能についてまとめてみました。


不溶性食物繊維の効能(1) 生活習慣病の予防


不溶性食物繊維は吸水性が高く、水分を吸収して数倍から十数倍にも膨張します。そのため、満腹感を得られやすく、食べ過ぎによる肥満を予防してくれます。

また、様々な物質を吸着して排泄するので、糖質や脂質などの過剰な栄養摂取による血糖値の急激な増加やに役立ちます。

繊維質の食物の咀嚼回数が増加すると、神経ヒスタミンの分泌を促進し肥満を抑制します。


不溶性食物繊維の効能(2) 便秘の改善


不溶性食物繊維が水分を吸収して膨張すると、便の量を増大させます。

その結果、腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を活発にするだけでなく、不溶性食物繊維を含む便は水分を吸収してやわらかいため、便通を促進して便秘を改善する働きがあります。


不溶性食物繊維の効能(3) 有害物質の排泄


不溶性食物繊維は腸内で重金属や発癌物質などの有害物質を吸着して、便の中に排泄してくれます。そのため、有害物質による中毒症を予防したり、大腸癌など発癌リスクを低下させると言われています。

ちなみに、食物繊維による大腸癌の予防効果を否定する臨床試験のデータもいくつか報告されていますが、発癌の可能性がある有害化学物質の排出を促進することによって、大腸癌に直接効果はなくても、間接的に大腸癌発生の予防に役に立つものと考えられますね。


不溶性食物繊維の効能(4) 整腸作用


大腸で不溶性食物繊維が発酵されると、ビフィズス菌などの善玉菌が増えて腸内環境は改善されます。


不溶性食物繊維の種類について


不溶性食物繊維にも様々な種類があり、代表的なものを列挙します。

(1) セルロース
(2) ヘミセルロース
(3) イヌリン
(4) リグニン
(5) グルカン
(6) ペクチン
(7) キチン キトサン





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
!--/container---------------------------------->