FC2ブログ
| 記事リスト | テーマ  リフトアップ | 
お肌のシワやたるみの主な原因は「加齢現象」です。

加齢によってシワやたるみが起こるのは、「表皮・真皮」、「皮下組織」、「筋肉」の3つの老化現象が主な原因だったのです。


皮膚の表皮・真皮の老化


皮膚は「表皮」、「真皮」、「皮下組織」の3層構造からなります。

年齢とともに、「表皮」、「真皮」を構成しているコラーゲンやエラスチンなどの成分が減少するにつれて、お肌のハリも失われていきます。

皮膚は乾燥気味となり、水分の喪失で皮膚の弾力が失われてしまいます。カサカサになった皮膚には溝が走り、しわができるのです。


皮下組織の老化


皮膚の最深部にある「皮下組織」は、脂肪組織に富み、皮膚のクッションの働きをしています。

脂肪組織の間には、コラーゲンからなる繊維状の組織で支えられていますが、加齢とともにコラーゲンなどが減少すると、組織は弾力を失っていきます。

法令線や表情ジワなどの深いシワは、皮下組織が加齢で弾力を失っている状態です。


筋肉の老化


年齢とともに筋肉も衰えてきます。

表情を作る顔の「表情筋」も衰えて、フェイスラインが緩んでしまうのですね。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
!--/container---------------------------------->