FC2ブログ
| 記事リスト | テーマ  口臭 体臭 | 
会話中に相手に顔をそらされるのは、とても恥ずかしいですね。

口臭予防に、舌を清潔に保つことはとても効果的です。


舌苔


舌の表面には、「舌乳頭」と呼ばれる無数の小さな突起物があります。

この舌乳頭に細菌が付着して繁殖するため、「舌苔(ぜったい)」という、舌の白い汚れとなります。

舌苔の細菌が原因となって、「口臭」という悪臭を放つ原因になるのです。


舌苔のチェック


舌苔や舌の健康状態は、鏡ですぐにチェックできます。

通常、健康な舌表面は「ピンク色」です。胃腸が弱ったり、体調が悪い場合、あるいは細菌が繁殖している場合などでは、「舌苔」は白色や黄白色を呈しています。そんな状態の時は、食生活や日常生活を見直す必要があります。


舌苔の除去方法


舌苔は、除去しないとますます蓄積されていきます。それに伴い口臭がひどくなるのです。

舌苔を除去するには、清潔なタオルやガーゼなどを使って、汚れを直接ふき取る方法が効果的でしょう。

人差し指にタオルやガーゼなどを巻き付け、そのまま舌苔をかき出すように除去します。歯ブラシでゴシゴシ磨いたり、力を入れすぎると、舌乳頭を傷つける恐れがあり、味覚障害を引き起こす可能性もあります。

舌苔を除去するのには、やはり朝が最適ですね。就寝中には唾液の分泌が減って、舌苔が増えて最も多いのが朝だからです。


舌苔の予防


舌苔が蓄積しやすい理由のに、体質や食習慣があります。舌苔の増加は、食生活の改善により予防も可能になります。

舌苔の多くは、口臭の原因となる細菌で構成されています。この口腔細菌が突起物である舌乳頭に付着している状況です。また、口臭の原因の約6割は舌苔が原因であるとも言われているそうです。

したがって、舌苔を取り除くように予防を心がければ口臭予防になると言えますよね。つまり、細菌を減らすような口腔内の環境をつくり出し、自浄作用を高めることです。

また、流動的ではなくて、なるべく固形の食べ物を摂取することが効果的なのだそうです。固形物を摂取することは、歯を支えるアゴの骨を鍛えることになり、歯並びの悪化も防ぎます。歯並びが良いと、虫歯になりにくい環境をつくる事にもなります。

長期的に判断すれば、口臭を予防することにもつながるのです。

さらに、酸味のある食物を摂取したり、方法によってかなり口臭を予防することが可能です。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
!--/container---------------------------------->