FC2ブログ
| 記事リスト | テーマ  乾燥肌 | 
「乾燥肌」は、色々なお肌トラブルを引き起こす大きな要因として重要です。

乾燥肌とは、お肌の表面に皮脂などの保湿成分が欠乏して、水分を保持する力が低下して乾燥したお肌の状態を指します。

乾燥肌とは


健康なお肌の角質層には、およそ30%の水分が含まれていると言われます。

冬などの空気が乾燥する季節に湿度が30%以下になると、角質層を通じてお肌表面から水分が蒸発しやすくなり、お肌は乾燥しやすくなります。つまり、角質層の水分量が30%を下回る状態が「乾燥肌」といえます。

健康な人のお肌には、水分を保持するための「保湿成分」が存在し、もし湿度が0%になったとしても、しっかりとお肌の水分の蒸発を防いでくれます。


乾燥肌とオイリードライ肌


乾燥肌になってしまうのは、加齢によって保湿成分が減少して、お肌の保湿力が低下するためです。

よく間違われるのは、皮脂と乾燥肌との関係です。
「 皮脂が少ないお肌 = 乾燥肌 」ということではありません。

「乾燥肌」は、「お肌の水分量が減少している状態」のことです。お肌表面は脂ぎっているのに、お肌自体はカサカサの乾燥状態という人がいます。このような肌質は「オイリードライ肌」と呼ばれ、皮脂の分泌量は多いのに水分量が減少してしまったお肌を指します。乾燥肌は、お肌の油分が多い少ないということではありません。

「オイリードライ肌」は、例えば頬から口の周りにかけての「Uゾーン」が乾燥肌で、額から鼻にかけての「Tゾーン」は脂性肌(オイリー肌)、というようにお肌の場所ごとに状態が異なり、乾燥肌と脂性肌が混在している状態です。


間違の多いスキンケア


「オイリードライ肌」の人は、自分は単なる「乾燥肌」あるいは「脂性肌」だと思い込んでおり、間違ったスキンケアをしてしまうために、ますます症状を悪化させてしまう人が結構いるようです。

オイリードライ肌は、にきびや湿疹などを起こしやすい状態だといわれています。オイリードライ肌の場合、洗顔でしっかりと皮脂を洗い落とした後、お肌に十分な保湿成分を与える必要があります。

乾燥肌の保湿ケアのためには、「セラミド」や「ヒアルロン酸」などの保湿成分が配合された化粧品をオススメしたいと思います。

ブログでは、全く油成分を含まない化粧品をオススメしている人もいます。しかし、皮脂も水分も共にお肌には必要な成分ですので、バランスが重要でしょう。水溶性成分だけでは、水分の蒸発は防ぎにくいですよね。

今、何が自分の肌質に必要なのかを意識することで、効果的な肌荒れ対策につながるのではないでしょうか。まずは、ご自分の肌質を、部位ごとにきめ細かく把握することが大切です。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
!--/container---------------------------------->