FC2ブログ
| 記事リスト | テーマ  便秘解消 | 
訪問して頂いて、ありがとうございます。
こんにちは。伊舎堂です。


特に病院での治療を受けるほどでもなし、それなりに日常生活が送れるけれど、やっぱり苦しいのが便秘。日本人女性の2人に1人は便秘であると言われています。ひどい便秘に苦しんでいる人は約5%と言われ、年齢とともに増える傾向にあります。

世間には便秘解消法の情報があふれていますが、自分に適した便秘解消法を知るには、まず便秘のタイプについて知る必要があります。

便秘は「機能性便秘」と「器質性便秘」とに大別され、機能性便秘はさらに細かく分けられています。あなたの便秘はどのタイプですか?


便秘の種類(分類) 


【1】 機能性便秘
   (1) 急性便秘
   (2) 慢性便秘
        a) 弛緩性便秘(結腸性便秘)
        b) 痙攣性便秘()
        c) 直腸性便秘
   (3) 医原性便秘

【2】 器質性便秘


便秘の種類 (1)急性便秘と慢性便秘


便秘は、まず「急性便秘」と「慢性便秘」に大きく分けられます。

急性便秘

「急性便秘」とは、突然起こる便秘ですね。環境の変化で起こるものが多く、環境に慣れるとほとんどの場合は自然に解消されるものです。

よくある例が、旅行中の便秘でしょう。たいていは旅行から戻ると便秘も解消されます。

慢性便秘

「慢性便秘」は、根が深くてなかなか治りにくいもの。
「慢性便秘」の多くは、食生活や生活習慣が原因です。この慢性便秘が、日本人女性の2人に1人が苦しめられている便秘です。慢性型便秘はさらに、「器質性(きしつせい)便秘(症候性便秘)」と「機能性便秘(常習性便秘)」に分けられます。


便秘の種類 (2)器質性便秘


慢性型便秘のうち、「器質性便秘」とは、消化管の構造的(解剖学的)な変化による便秘です。

背後に病気の心配もありますので、専門の医師に相談してください。例えば、消化管の癌などの影響で腸の癒着が起こって、便通が悪くなるなどの場合です。


便秘の種類 (3)機能性便秘(常習性便秘)


機能性便秘」は、便秘の中でいちばん多い種類であり、腸の機能が低下したために起こる便秘です。

さらに「弛緩性」、「直腸性」、「けいれん性」の3つに分けられます。

(1) 結腸性便秘(弛緩性便秘 しかんせいべんぴ)

便秘の多くは、この「結腸性便秘(弛緩性便秘)」です。

原因は、食物を送る腸の蠕動(ぜんどう)運動が弱まってしまうことですが、腸が下に垂れているような体質の人でも起こりやすくなり、また出産で腹筋がゆるんでいるようなときにも起こしやすいです。

高齢の方や女性に多く見られます。

(2) 直腸性便秘

2つ目は「直腸性便秘」です。便は直腸まで達していても、直腸の神経が鈍くなって便意を感じられずに、蠕動運動が始まらない便秘を指します。

忙しい時に排便を我慢してしまうことが多い人に見られ、便意を我慢し続けていると、次第に便意自体を感じなくなってきます。直腸性便秘では大きくて硬い便になります。

(3) けいれん性便秘

3つ目は「けいれん性便秘」です。このタイプは、大腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)が強すぎて痙攣(けいれん)を起こしてしまい、便通が悪くなっている状態です。

便意はあるのに排便が困難だったりすると、ウサギの糞のように細かい糞となります。








コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
!--/container---------------------------------->