FC2ブログ
| 記事リスト | テーマ  便秘解消 | 
女性を対象にしたアンケート調査では、「便秘気味」も含めると全体の約40%を越える人が便秘であると答えています。

よく耳にする「便秘」ですが、その明確な定義はなく、一般的には「3~4日以上便通がない状態」を便秘と呼んでいます。

しかし、たとえ毎日便通があっても、その量が少量で腹部膨満感、残便感、食欲不振、全身倦怠感、頭痛、腹痛、めまい等の自覚症状を伴うものは便秘と言えます。つまり、排便、便通に不快感を伴う場合は、「便秘」と言っても差し支えないようです。

便秘を解消するには、どうして便秘になるのかをまず知りましょう。


便秘の原因


便秘の原因には、食物繊維不足、水分不足、腹筋の筋力低下、排便欲求の我慢、ストレスなどが挙げられます。

(1) 食物繊維不足

食物繊維が便のかさを増すことで、腸を刺激して「ぜんどう運動」を活発にさせ排便を促してくれます。

(2) 水分不足

正常便の約80%は水分です。水分が不足すると硬い便となり、排便がしにくくなって便秘を起こします。食事量そのものが少ない場合も、便の量が減って腸への刺激も、ぜんどう運動も弱くなって、便秘を助長するのです。

(3) 運動不足

腹筋は、便を押し出す力のためにも必要で、腹筋が弱まると腸のぜんどう運動も弱くなってしまいます。

(4) ストレス

腸のぜんどう運動を支配する自律神経の「副交感神経」がストレスで乱れてしまうと、ぜんどう運動も乱れて便秘を起こします。不規則な生活、睡眠不足もストレスの原因です。

(5) 我慢癖

直腸に便がたまると、その刺激で便意が起こりますが、便意を感じた時に我慢することが続くと、直腸が次第に刺激に慣れてしまって便秘になってしまいます。

(6) その他

薬の副作用が原因で便秘を起こす場合もあります。また、病気やケガが原因となることもあります。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
!--/container---------------------------------->