FC2ブログ
| 記事リスト | テーマ  乾燥肌 | 
赤ちゃんのお肌って、毛穴なんて全く目立たなくて、触るとモチモチの弾力があり、頬ずりすると気持ちいいですよね。

本当に赤ちゃんのお肌はみずみずしくて羨ましい限りです。ですから、赤ちゃんが乾燥肌やアトピーだったりなんかすると、お母さんにはとても悩みの種でしょう。

「赤ちゃんの肌はデリケート」と言われますが、大人が想像できる範囲を超えたデリケートさだったりします。大人の肌とどれくらい違うのかと言うと、赤ちゃんの皮膚の厚みは大人の2分の1から3分の1と言われます。しかも、お肌を保護する「皮脂膜」がまだちゃんとできていないので、お肌がちょっとした刺激に直接ダメージを受けやすいですね。

敏感な赤ちゃんは、特に皮膚が薄いようです。ほっぺに洋服が触っただけで刺激を受けて湿疹ができ、そこに生地が当たってさらに悪化してしまうという、まさに悪循環。

夏場は、空気がある程度潤っているので刺激を受けにくいですが、秋になって乾燥肌の季節になってくると、赤ちゃんの全身がガサガサしてきて、お肌がブツブツしちゃいます。お風呂上りには毎日すぐに保湿ケアしていますが、一日中乾燥してきたら、「清潔にして保湿」を何度も繰り返さないと追いつかない状態となる子もいるそうです。

しかし、ケアする側の大人が体力的に無理が出てきますので、赤ちゃんのお肌が悪化しちゃったら、迷わず薬を使うことを考えるのが実用的でしょう。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
!--/container---------------------------------->