FC2ブログ
| 記事リスト | テーマ  乾燥肌 | 
空気が乾燥すると、お肌も乾いてしまいがちです。

乾燥肌が気になる冬場に、スキンケアをするのに最も効果的なタイミングは、入浴中や入浴直後でしょう。


乾燥肌に有効な入浴剤


入浴中の注意点は、ボディーソープやシャンプーなどの洗浄剤で皮脂を取りすぎたり、お肌に刺激を与えす過ぎたりしない事です。また、湯船につかる際には、お肌の保湿成分を配合した入浴剤を入れたり、塩素を中和するビタミンC入りの入浴剤を入れたり、今では色々な方法があるでしょう。

ただ、逆に入浴剤が肌トラブルが悪化する原因になる場合も少なくないようです。
ネットを見ていると、ある有名な入浴剤が大好きでいつもお風呂に入れていたらしいのです人が、その成分がお肌に合わなくてピリピリと刺激されて、余計にお肌に負担がかかってしまったという例もありました。

「昔からの入浴剤」と言えるかどうか分かりませんが、「木酢液(もくさくえき)」とか「竹酢液(ちくさくえき)」などがお肌に良いと聞いています。
液成分の殺菌、消臭効果で体を清潔にしてくれるそうです。体をこするのさえためらうほどにひどい乾燥肌でボロボロの状態になっている時には、試してみるのも良いかもしれません。

ただし、これらはニオイがとてもすごいです。慣れてくると、なんとも大自然の中にいるかのような独特の癒しの香り効果ともなりますが、そうなる前に断念してしまう人も恐らく多いでしょう。

癒しの香り効果といえば、天然の柑橘系の皮なんかも良さそうですよね。ミカンの皮は、入浴剤としてつかったり、体をこすったり、周囲の汚れを落としたり、色々な用途に使えるそうです。

でも、農薬まみれの物なんて使っちゃったら逆効果ですので、ご用心ください。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
!--/container---------------------------------->