FC2ブログ
| 記事リスト | テーマ  乾燥肌 | 
乾燥肌はただ肌がカサカサするだけと思っていました。
でも、乾燥ってお肌の一番の大敵なんですよね。

お肌の「湿疹」は、食べ物とかストレスとか内側の原因で出ることも多いです。乾燥肌が原因の湿疹も、秋から冬の時期には多くなるそうです。


乾燥肌による湿疹


なぜ乾燥すると湿疹ができるのでしょうか。
その理由を簡単に説明します。

皮膚の表面は、皮脂と汗などが適度に交じり混じり合ってできた「皮脂膜」が保護しています。皮脂膜の役割は、大切なお肌の水分の蒸発を防いで水分を保持するのを助け、しっとりした美肌を作るための手助けをしています。

冬になると空気が乾燥するために、お肌も乾燥しがちです。お風呂に入った後や水仕事をした後とかには、特に、皮膚の表面からすばやく水分が蒸発してしまいます。乾燥肌では、皮膚の表面を保護してくれる皮脂膜が消失していて、皮膚に刺激物質が侵入しやすくなります。

お肌の刺激となる物質には色々あります。例えば、お肌をボリボリ掻いてしまう刺激、衣類に残る残留洗剤、化学繊維などによる静電気、ハウスダストなどです。

その他にも、身近にある様々なものが肌刺激の原因となります。その刺激物質が皮脂膜が消失したお肌表面からダイレクトに内部に侵入し、それが原因で湿疹が起きると考えられているのです。これが敏感肌の起こるメカニズムです。

多くの乾燥肌や敏感肌の人は、肌トラブルのない普通の人にとっては神経質だと思われる位、色々な事に気をつけられていることでしょう。

保湿ケアを徹底したことにより、湿疹が出なくなった実体験もあります。

今では、乾燥肌は、とにかくお手入れしないといけないものだと身にしみています。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
!--/container---------------------------------->