FC2ブログ
| 記事リスト | テーマ  乾燥肌 | 
新生児の赤ちゃんの肌は、キメが細かくて綺麗だと思っていると、生後3ヶ月過ぎた頃から、「乾燥肌」に変身しがちです。

赤ちゃんの突然の肌トラブルに、新米ママさん達は大慌てすることがあるそうですよ。


赤ちゃんの乾燥肌対策


赤ちゃんの突然の肌トラブルは、皮脂が少なくなるためです。冬は冷たくて乾燥した空気、室内に入れば暖かい暖房、乾燥による洋服の静電気と、環境中には刺激だらけです。秋から冬にかけて、赤ちゃんの薄い皮膚は外界からの刺激を受けやすく、乾燥肌対策をしっかりしてあげてください。

乾燥肌対策としては、お風呂に入って赤ちゃんの体を洗う際には、柔らかなタオルで軽く汚れを浮き出させるような感じで洗ったり、手で洗ってあげてもよいです。、そして、体を拭くときにはやわらかいタオルを使い、ゴシゴシとこすらずにポンポン軽くたたいて水分を吸い取ります。その後は、すぐに水分補給、保湿をしてあげます。

赤ちゃんの素肌に合うものかどうか、よく観察して選んであげましょう。水分を与えるだけでは、時間が経過するとせっかく与えた水分が蒸発してしまい、カサカサ肌となって肌のバリア機能が失われて、お肌の内部が刺激を受けてしまいますので、保護のために保護クリームやオイルを塗ったほうが良いでしょう。

添加物がなるべく入っていないものを選んであげましょう。「馬油」は人の皮脂に近い成分が含まれていて、殺菌作用もあるのでとても人気が高いそうですよ。

また、赤ちゃんの着用する衣類には、静電気が起きにくい綿素材のものを選んだほうがよいでしょう。赤ちゃんを抱っこする機会が多いお母さんの服にも、ウールなどの刺激になりいやす洋服を避けて綿を選びたいものです。

もっと良いのは、「オーガニックコットン」のように化学物質による処理がされておらず、空気をふんわりと含む繊維で出来ている生地だったら最高でしょう。

もう1つ、襟元のタグは刺激になってしまう事が多いので、切ってあげておくと良いですよ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
!--/container---------------------------------->