FC2ブログ
| 記事リスト | テーマ  乾燥肌 | 
伊豆大島では古くから作られているという「大島椿油」ですが、シャンプーかリンス、またはヘアオイルなど、髪の毛用のオイルかと思っていました。

これがなんと「食用」なのだそうです。今時の健康ブームに乗って料理に使ってみたくなりました。


大島椿油とは


大島椿油は、もともと食べられるものなので、化粧品としてお肌に使用するのに問題ないそうです。

大島椿油には、人の皮脂に含まれている成分と同じ「オレイン酸」を主成分として90%も含んでいるので、お肌へのなじみも良くて、素肌の健康を守る強い効果を期待できそうです。

健康に良いとされる「オレイン酸」というのは、脂肪酸の中で最も酸化しにくいものです。また、乾燥肌の大敵である紫外線からお肌を守ってくれる作用や保湿力もあります。ですから保湿しながら紫外線対策の一石二鳥のオイルです。

乾燥肌に悩む人は、足のかかとのひび割れになっている事も多いと思います。皮膚科を受診すれば、ワセリンとか尿素クリームなどを処方されでしょう。夜寝る前に、天然100%の椿油を塗って保湿してあげると、お肌に潤いが戻りそうですね。

また、冬には唇の乾燥に悩む人が多いですよね。有害な化学物質などが入っていないこの椿オイルで、就寝前に唇を保護してあげると良いでしょう。

椿油の事を調べていくと、その便利さに感動です。台所に置いて料理に使ったり、手についても洗い流さずにお肌に延ばしスキンケアをしたり、唇が乾いていたらその場で唇を保護してあげたり、椿オイルがあるとあれこれと様々な化粧品をそろえる必要はなさそうです。

ナチュラルな生活に役立ちそうな椿オイルに期待しています。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
!--/container---------------------------------->