FC2ブログ
| 記事リスト | テーマ  口臭 体臭 | 
口臭の予防については、原因別に対応策は異なります。

ですから、原因に合わせた予防法の選択が必要となります。


口臭の原因除去


一般に、口臭の原因は、口腔内(口の中)環境の変化から引き起こされるので、口腔内の清掃をしっかり行ない、歯垢(プラーク)を残さないようにするのがポイントです。これだけ、かなり口臭を軽減することができます。

歯石や歯垢(プラーク)の正しい除去方法については、一度、歯科医院で専門的なブラッシング法を習い、取りにくい汚れをきれいに取ってもらうことをオススメします。

また、歯みがきをする際に、同時に舌の白っぽい汚れである「舌苔(ぜったい)」も落とすようにすると、口臭予防にかなり効果的です。舌苔は、眠っている間に増加します。朝の歯みがき時に舌ブラシなどで取るとよいでしょう。面倒だからと、歯ブラシで舌をゴシゴシこすると、舌表面にあり味覚に関連する「味蕾(みらい)」を傷めてしまうのでオススメできません。



舌苔のとり方


舌苔のとり方は、ガーゼやタオルなどを指に巻きつけて、舌を出して舌の奥から手前にこすります。

忙しいと、歯みがきをする時間がない時がありますよね。こんな時は、口臭予防のうがい用液や、口臭予防ガムなどを利用してみてはいかがでしょう。


口臭が一番強くなる時間帯は、食後3時間程度や、精神的に緊張する局面などです。口臭が発生する可能性の高い場面で利用すると、効果が高まります。

これらの口臭予防を実施しても口臭が改善されない場合は、内臓の病気の疑いがあります。口腔内をどんなに清潔にしても口臭が強い場合は、医師の診断を受けて、原因となる病気を治すことが必要です。

原因が解消されれば、自然に口臭も改善されます。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
!--/container---------------------------------->