FC2ブログ
| 記事リスト | テーマ  口臭 体臭 | 
口臭の多くは、口腔内(口の中)の汚れである歯垢(プラーク)が原因です。

歯垢(プラーク)は、歯の表面に付く白くてやわらかい物質です。その実態は、食べカスを餌にして増殖した口腔内細菌の塊です。歯磨きをしなかったり、磨き残しがある場合、細菌が繁殖して口臭が強くなります。


虫歯と口臭


口腔内細菌が食べカスを餌にして増殖する際に、酸を生成します。この酸が歯を溶かして虫歯ができます。

虫歯自体も特有の臭いを発しますが、虫歯の穴に溜まった歯垢や食べカスが細菌の餌となって腐敗しても、口臭の原因となります。

このように、虫歯や歯周病がひどくなると、きつい口臭が発生します。

虫歯の治療で歯にかぶせた金属冠やブリッジの適合が悪くて、それらの周囲に隙間が生じている場合、その隙間に食べカスが溜まって細菌が繁殖し、虫歯や歯周病を引き起こし、口臭の原因になります。

また、歯の詰め物の下が虫歯になっている場合も、口臭を引き起こす原因になります。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
!--/container---------------------------------->