FC2ブログ
| 記事リスト | テーマ  口臭 体臭 | 
口臭を気にする人は、年々増加傾向にあるようです。

口臭は、大きく2種類に分けられます。1つは、大抵の人が持っている「生理的口臭」です。もう1つは、虫歯や歯周病、胃腸や呼吸器系などの病気が原因となる「病的口臭」です。病的口臭では、原因の病気を治療しなければ解消できません。

一方で、お口のお手入れ方法を間違い、全然改善されないケースもあります。

それでは、生理的口臭の正しい口臭ケアとは、どのようにするのが最適なのでしょうか?


唾液で細菌増殖の抑制


生理的口臭は、唾液(だえき)が大きく関係しています。臭いの原因は、細菌がタンパク質を分解する際に発生する揮発性硫黄化合物です。

空腹時や睡眠中、ストレス状態が続いた時には、唾液の分泌量が減少します。すると、口腔内細菌が増殖して、その代謝産物で口臭が生じやすい環境になります。

舌は、「健康のバロメーター」と言われています。口臭の原因となる汚れは、歯面ばかりでなく、舌の上に残るケースが多いです。

健康時は、舌の表面にうっすらと白い「舌苔(ぜったい)」が見られます。舌苔の蓄積、あるいは病気の場合に舌苔が分厚くなり、口臭がひどくなる傾向にあります。息を爽やかに保つためには、舌苔の除去も重要です。舌苔を除去するための「舌磨きグッズ」も市販されています。

小さく刻んだ昆布(1cm X 2cm)を舌に乗せる方法も、唾液の分泌が促されるのでお勧めです。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
!--/container---------------------------------->