FC2ブログ
| 記事リスト | テーマ  口臭 体臭 | 
起床時(寝起き)は、口臭が最も強いと考えられています。

睡眠中は、唾液の分泌量が不足し、その結果として細菌が増えて口臭の原因となってしまいます。

特に、「いびき」や就寝中に「口呼吸」する人では、口腔内の水分が奪われて唾液分泌量が減少し、口臭が強くなる可能性があります。

さらに、唾液量が減少するだけでなく、寝る前の歯磨きを怠ったり、ちゃんと磨けていない場合には、食べカスが腐敗して発酵することで口臭へと繋がることになります。また、細菌の作用で虫歯(う蝕)や歯周病が進行することにもなりかねません。


起床時の口臭予防


起床時(寝起き)の口臭は、「生理的口臭」と呼ばれ、誰にでも起こるものです。

起床時の口臭予防するには、寝る前に丁寧に歯を磨き、寝起きにすぐにうがいや歯みがきをして細菌を洗い流し、水分補給を行うことです。

このように、疾患に起因しない通常の「生理的口臭」であれば、多くの場合にはうがいや歯みがき、朝食や水分補給により解消されます。

それほど気にする必要はないでしょう。

反対に「生理的口臭」を気にしすぎると、不眠症になったり、ストレスで唾液の分泌量が抑えられてしまい、逆に口臭が増す原因ともなります。

 
 
 
 


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
!--/container---------------------------------->