FC2ブログ
| 記事リスト | テーマ  口臭 体臭 | 
タバコも口臭の原因となります。

タバコには、タール、ニコチン、一酸化炭素が含まれ、これらの成分は唾液の分泌量を低下させます。その結果、歯垢(プラーク)や歯石が付着しやすい環境を作ります。

歯周病は口臭の大きな原因です。タバコの成分は歯ぐきの血行を悪くします。血行が悪くなると、歯周病が悪化しやすくなり、実際に喫煙者と非喫煙者とを比べると、歯周病のリスクが5倍も高くなると言われます。


喫煙と口臭の関係


喫煙 → 歯ぐきの血行不良 → 歯周病の悪化 → 口臭

喫煙は、口臭を強くする悪循環になりがち。

タバコには特有の臭いもあり、タバコはニオイに関係することが多いですね。

タバコは口臭だけでなく、健康によくないことは明らかです。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
!--/container---------------------------------->