FC2ブログ
| 記事リスト | テーマ  最近の話題 | 
現代日本の認知症患者は、予備軍も含めて800万人以上と言われています。

その中で、新しい認知症ケアである「ユマニチュード」が注目されています。

ユマニチュードの目的は、認知症高齢者の方とのコミュニケーションの改善です。

そこで、ユマニチュードの基本についてお伝えします。


ユマニチュードの基本


ユマニチュードを考案されたイヴ・ジネストさんの認知症患者との接し方には、4つのポイントがあると言われます。

(1) 見る

ベッドの脇から見下ろすのではなく、正面から近づいて見つめる。

(2) 話す

穏やかな声で、相手が心地よく感じる言葉を話しかけ続ける。

(3) 触れる

手首をつかまず、本人の動く意思を尊重して下から支える。

(4) 立つ

立つことで筋力や骨が鍛えられ、呼吸機能の劣化を防ぐ。


ユマニチュードを体験した人は、「人としての関係構築が大切」と感じるそうです。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
!--/container---------------------------------->