FC2ブログ
| 記事リスト | テーマ  便秘解消 | 
食物繊維を摂取しているのに、「便秘がひどくなってしまった」という人も多いのでは?

食物繊維は、水に溶ける「水溶性食物繊維」と、水に溶けにくい「不溶性食物繊維」の2種類に分類されます。

実は、「便秘解消には食物繊維をたくさん摂れば良い」という単純なものではなかったのです。


弛緩性(しかんせい)便秘の場合


不溶性食物繊維は吸水性が高く、水分を吸収して膨張することによって便の量を増大させます。それによって腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動が活性化されて、排便が促されます。

大腸の筋肉がゆるみ、蠕動(ぜんどう)運動が低下している「弛緩性(しかんせい)便秘」の人には、不溶性食物繊維の摂取が有効だと言われています。便の形成を、不溶性食物繊維が促進してくれるからです。


痙攣性(けいれんせい)便秘の場合


便秘と下痢を繰り返してしまう「痙攣性(けいれんせい)便秘」の場合には、不溶性食物繊維を多く摂りすぎると便秘が悪化したり、下痢を起こしたりするので要注意です。

痙攣性便秘とは、腸が痙攣して便をうまく移送できないタイプの便秘なので、不溶性食物繊維をたくさん摂取すると、便が固くなって詰まる一方であり、便秘解消どころか逆効果なんです。

痙攣性便秘の場合は、水溶性食物繊維を摂取するように心掛けてください。


不溶性食物繊維と水分摂取


便秘がちでしかも水分摂取が少ないときには、不溶性食物繊維を過剰に摂取し過ぎると、便が余計に固くなって便秘が悪化する場合があります。

ですから、不溶性食物繊維を摂取する場合には水分も同時に補給することが推奨されます。


水溶性食物繊維の摂取


水溶性食物繊維を手軽に摂取できます。


様々な物に混ぜて、「オリジナル・スムージー」を作って楽しんでください。

ヨーグルトに缶詰フルーツやジュースと合わせてミキサーにかけると、たいていの物は失敗無くおいしく頂けますよ。ヨーグルトの整腸作用もあって、手軽に贅沢なオリジナル・スムージーの出来上がり。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
!--/container---------------------------------->