FC2ブログ
| 記事リスト | テーマ  口臭 体臭 | 
口臭と言っても、その原因は人によって様々です。

口臭にも様々な種類があり、今回は口臭の種類について取り上げます。

口臭には、誰にでも起こる「生理的口臭」と、病気が原因となる「病的口臭」とに分けることができます。また、他人にもハッキリ認識できる「他臭症」と、実際には臭っていないのに口臭がしていると思い込む「自臭症」があります。


(1) 生理的口臭


「生理的口臭」とは、その時の口腔内の状態や、体調、精神状態、唾液の分泌量が減るなどして、誰にでも一時的に起こる口臭のことを指します。

基本的に、虫歯、歯周病、糖尿病などの、口臭の原因となる原因疾患はありません。口腔内や身体が健康であっても、誰にでも発生します。


(2) 病的口臭


「病的口臭」とは、虫歯や歯周病などの口腔内の病気や、糖尿病などの全身的な病気が原因となって起こる口臭のことです。

一般には、90%以上が口腔の病気が原因で起こるようです。


(3) 自臭症


「自臭症」とは、実際にはほとんど気にする必要のない程度の口臭を気にしてしまう症状のことです。心理的、精神的な原因が殆どです。

「心因性口臭」、「口臭恐怖症」、「精神的口臭」とも呼ばれています。


(4) 他臭症


「他臭症」とは、様々な原因により、本人だけでなく、他人にも気付かれる口臭のことです。

「他臭症」には、虫歯や歯周病などが原因となる「病的口臭」や、寝起きやストレス、食べ物などによる一時的な「生理的口臭」があります。


 
 
 
 

スポンサーサイト



| 記事リスト | テーマ  口臭 体臭 | 
起床時(寝起き)は、口臭が最も強いと考えられています。

睡眠中は、唾液の分泌量が不足し、その結果として細菌が増えて口臭の原因となってしまいます。

特に、「いびき」や就寝中に「口呼吸」する人では、口腔内の水分が奪われて唾液分泌量が減少し、口臭が強くなる可能性があります。

さらに、唾液量が減少するだけでなく、寝る前の歯磨きを怠ったり、ちゃんと磨けていない場合には、食べカスが腐敗して発酵することで口臭へと繋がることになります。また、細菌の作用で虫歯(う蝕)や歯周病が進行することにもなりかねません。


起床時の口臭予防


起床時(寝起き)の口臭は、「生理的口臭」と呼ばれ、誰にでも起こるものです。

起床時の口臭予防するには、寝る前に丁寧に歯を磨き、寝起きにすぐにうがいや歯みがきをして細菌を洗い流し、水分補給を行うことです。

このように、疾患に起因しない通常の「生理的口臭」であれば、多くの場合にはうがいや歯みがき、朝食や水分補給により解消されます。

それほど気にする必要はないでしょう。

反対に「生理的口臭」を気にしすぎると、不眠症になったり、ストレスで唾液の分泌量が抑えられてしまい、逆に口臭が増す原因ともなります。

 
 
 
 


| 記事リスト | テーマ  口臭 体臭 | 
今回は、口臭に関するよくある疑問について、取り上げてみたいと思います。


(1) 歯みがきだけで口臭を予防できるのか?


歯みがきの不良で口臭が発生している場合には、丁寧な歯みがきで歯垢(プラーク)をよく清掃することで、口臭を解消できる場合がほとんどです。

しかし、口臭の原因は様々ですので、歯みがきだけで口臭を予防できない場合もありますので、歯科に相談されることをオススメします。


(2) 胃腸が悪いと口臭の原因になるの?


一般的に、「胃が悪いと口臭を誘発する」といわれています。

ところが、胃と食道との間には「噴門部」があり、飲食物が通過するとき以外は括約筋によって閉じられています。そのため、胃の中の空気が通常は出てくることはありません。でも、「ゲップ」は例外ですけどね。。。

ということは、胃が悪いといっても、口臭の原因になるとは限りません。また、実際にこうしたことは殆どありません。


(3) マウスウォッシュ(口内洗浄液)は口臭予防に有効?


唾液の分泌量が減少すると、口腔内の細菌が増殖します。これが口臭の原因になるのです。

「マウスウォッシュ(口内洗浄液)」などを利用すると、これらの細菌を洗い流せたり、殺菌できるので、一時的にでも口臭予防にはなります。


(4) 口臭は遺伝するの?


口臭自体は遺伝しませんよ。

口臭が発生しやすいような歯並びを悪くする様な顎の骨の成長の仕方などを介して、例えば磨き残しや歯垢(プラーク)が付着しやすい歯並びになりやすさなどは、遺伝する可能性はあります。


 
 
 
 
 
 

| 記事リスト | テーマ  リフトアップ | 
サーマクールとは、お肌の「しわ」や「たるみ」に有効とされている治療法です。

サーマクールには、現在これといった副作用はないとされていますが、サーマクールは最新の治療法です。長期に渡るデータが存在しないのですから、副作用が今後確認される可能性もあるかもしれません。


サーマクールの副作用


施術後の肌に現れる副作用として挙げるとすれば、
「赤みを帯びる」、「腫れぼったくなる」、「熱を持った感じ」などの症状でしょう。

これらの症状は、出る人もいれば出ない人もおり、個人差がみられます。仮に症状が出てしまったとしても、すぐに治る人もいれば、なかなか治らない人もいます。それでも、症状は長くとも1週間前後とのことです。

症状が治らなかった場合、サーマクールの治療自体がお肌に合っていなかった、という可能性があります。その場合、サーマクールの施術は中断しましょう。いずれにしろ、施術後に何らかの症状が現れた時は、すぐに担当医に相談しましょう。

サーマクールは比較的痛みの少ない治療法と言われています。しかし、痛みを感じる人もいます。痛みを感じる人の中でも、少しの痛みからものすごい痛みまで、これもまた個人差があります。

麻酔をするとはいえ、多かれ少なかれ痛みを感じるという意見が多いようです。また、お肌が敏感な人は痛みを感じやすいようです。痛みについてはカウンセリングの段階で説明があるはずですが、施術を受けて痛みが耐えられないと思ったら、サーマクールを受けない決断をするのも1つの選択ですね。

技術の高い医師に照射してもう方が、痛みが少ないという意見もあります。クリニックを変わることで、痛みは解決できるかもしれません。

サーマクールでは、必ず冷却しながら施術を行います。熱を照射するので、希にやけどのような症状が出ることがあるそうです。ケロイド体質の人がサーマクールを受けられないのは、そのためです。


| 記事リスト | テーマ  リフトアップ | 
以下の人は、サーマクールを受けられませんのでご注意ください。

(1) 皮膚に炎症を起こしている人(強い日焼け、皮膚炎)
(2) 日光過敏症の既往歴のある人
(3) ペースメーカーを入れている人
(4) 妊娠中の人
(5) 「金の糸」の施術を受けたことのある人
(6) 2週間以内に、他のレーザー機器で治療を受けた人
(7) 糖尿病や創傷治癒に体質的障害がある人





!--/container---------------------------------->