FC2ブログ
| 記事リスト | テーマ  乾燥肌 | 
新生児の赤ちゃんの肌は、キメが細かくて綺麗だと思っていると、生後3ヶ月過ぎた頃から、「乾燥肌」に変身しがちです。

赤ちゃんの突然の肌トラブルに、新米ママさん達は大慌てすることがあるそうですよ。


赤ちゃんの乾燥肌対策


赤ちゃんの突然の肌トラブルは、皮脂が少なくなるためです。冬は冷たくて乾燥した空気、室内に入れば暖かい暖房、乾燥による洋服の静電気と、環境中には刺激だらけです。秋から冬にかけて、赤ちゃんの薄い皮膚は外界からの刺激を受けやすく、乾燥肌対策をしっかりしてあげてください。

乾燥肌対策としては、お風呂に入って赤ちゃんの体を洗う際には、柔らかなタオルで軽く汚れを浮き出させるような感じで洗ったり、手で洗ってあげてもよいです。、そして、体を拭くときにはやわらかいタオルを使い、ゴシゴシとこすらずにポンポン軽くたたいて水分を吸い取ります。その後は、すぐに水分補給、保湿をしてあげます。

赤ちゃんの素肌に合うものかどうか、よく観察して選んであげましょう。水分を与えるだけでは、時間が経過するとせっかく与えた水分が蒸発してしまい、カサカサ肌となって肌のバリア機能が失われて、お肌の内部が刺激を受けてしまいますので、保護のために保護クリームやオイルを塗ったほうが良いでしょう。

添加物がなるべく入っていないものを選んであげましょう。「馬油」は人の皮脂に近い成分が含まれていて、殺菌作用もあるのでとても人気が高いそうですよ。

また、赤ちゃんの着用する衣類には、静電気が起きにくい綿素材のものを選んだほうがよいでしょう。赤ちゃんを抱っこする機会が多いお母さんの服にも、ウールなどの刺激になりいやす洋服を避けて綿を選びたいものです。

もっと良いのは、「オーガニックコットン」のように化学物質による処理がされておらず、空気をふんわりと含む繊維で出来ている生地だったら最高でしょう。

もう1つ、襟元のタグは刺激になってしまう事が多いので、切ってあげておくと良いですよ。

スポンサーサイト



| 記事リスト | テーマ  乾燥肌 | 
空気が乾く季節には、お肌も乾いてしまいます。

お肌が乾くとシワが増えたり、弾力がなくなってたるんだり、肌老化まっしぐらですね。今や男性もお肌のケアに気を遣っている時代ですから、この時期は乾燥肌の人達共通の悩みの種といえるかもしれません。

「乾燥肌」をどうにかしたいと思うなら、とにかくカサついた肌表面が潤う成分を与えて保護する事が大事です。

しかし、もっと大事なのはやはり日常の食事ではないでしょうか。


乾燥肌対策と食生活


健康でないと、お肌のターンオーバー(新陳代謝)だって滞るだろうし、血液循環が悪ければお肌に栄養が行き届かなくてハリのないお肌になっちゃうだろうし、ストレスを受けやすくてすぐに影響が出てしまうお肌になるでしょう。

ビタミンCが豊富なミカンや柿は、風邪対策だけでなく、乾燥する季節にカサカサしがちなお肌の健康にも一役買います。

乾燥肌対策にオススメしたい食材には、お鍋などの材料にしたり、サラダにして食べられる水菜がありますが、手軽で美味しい「ローズヒップ」もオススメです。

「ローズヒップ」とは、別名「ビタミンCの爆弾」という名前がついているほどのビタミンCが豊富な「ドッグローズ」というバラ科の植物の実です。しかも、通常のビタミンCは加熱すると壊れてしまいやすいのに対して、ローズヒップに含まれるビタミンCは壊れにくいので、体内に効率よく吸収されます。

また、ローズヒップに含まれているオイルは、乾燥肌を防いだり、皮膚の健康状態を保つ働きを持つ「リノール酸」、「リノレン酸」という成分から成ります。

ローズヒップは乾燥状態で販売されていますが、実をそのまま乾燥させたものより、細かい顆粒(ファインカット)になっているものをオススメしたいと思います。顆粒タイプですので、ふやけて残った実もスプーンですくって残さずに食べてください。フニャフニャの実がとても美味しいので、乾燥肌対策にぜひ利用したい食材です。シンプルな摂取方法として、ローズヒップティーにして飲むとよいでしょう。

栄養が豊富なので、カレーに入れたりできます。特別おいしくなるという効果はありませんが、味に影響をあたせず与えずに沢山摂取できるでしょう。

| 記事リスト | テーマ  乾燥肌 | 
伊豆大島では古くから作られているという「大島椿油」ですが、シャンプーかリンス、またはヘアオイルなど、髪の毛用のオイルかと思っていました。

これがなんと「食用」なのだそうです。今時の健康ブームに乗って料理に使ってみたくなりました。


大島椿油とは


大島椿油は、もともと食べられるものなので、化粧品としてお肌に使用するのに問題ないそうです。

大島椿油には、人の皮脂に含まれている成分と同じ「オレイン酸」を主成分として90%も含んでいるので、お肌へのなじみも良くて、素肌の健康を守る強い効果を期待できそうです。

健康に良いとされる「オレイン酸」というのは、脂肪酸の中で最も酸化しにくいものです。また、乾燥肌の大敵である紫外線からお肌を守ってくれる作用や保湿力もあります。ですから保湿しながら紫外線対策の一石二鳥のオイルです。

乾燥肌に悩む人は、足のかかとのひび割れになっている事も多いと思います。皮膚科を受診すれば、ワセリンとか尿素クリームなどを処方されでしょう。夜寝る前に、天然100%の椿油を塗って保湿してあげると、お肌に潤いが戻りそうですね。

また、冬には唇の乾燥に悩む人が多いですよね。有害な化学物質などが入っていないこの椿オイルで、就寝前に唇を保護してあげると良いでしょう。

椿油の事を調べていくと、その便利さに感動です。台所に置いて料理に使ったり、手についても洗い流さずにお肌に延ばしスキンケアをしたり、唇が乾いていたらその場で唇を保護してあげたり、椿オイルがあるとあれこれと様々な化粧品をそろえる必要はなさそうです。

ナチュラルな生活に役立ちそうな椿オイルに期待しています。

!--/container---------------------------------->