FC2ブログ
| 記事リスト | テーマ  乾燥肌 | 
これは、ネットで拾った症例ですが、お子さんが「アトピー体質」の例です。


乾燥肌と赤ちゃんの湿疹


そこご家庭の子どもさん達は、生後2週間目からひどいブツブツに悩まされているそうです。生後3ヶ月位までは、「乾燥肌」が原因というわけではなく、「乳児湿疹」というもののようです。

3ヶ月を過ぎると、赤ちゃんのお肌はそれまでとは違って、「乾燥肌」になってきました。これは、皮脂の分泌量が急激に減ってしまったためです。

赤ちゃんを取り巻く環境には、ごわごわの服とか、静電気が起きやすい素材の化学繊維、衣類に残留した刺激が強い合成洗剤、ハウスダストなど、沢山の刺激があふれていますので、その刺激に対する反応で湿疹が出る子が多いようです。

それでなくても大人の半分から3分の1しかない厚さの赤ちゃんのお肌です。このお肌を守ってくれている皮脂が減少してしまうと、外部からの刺激を受けやすい状態になる、という事です。

これが治らないと、「アトピー」と診断されてしまう赤ちゃんも多いそうですね。

乾燥してブツブツができたお肌には、強い痒み(かゆみ)を伴っている事が多いです。赤ちゃんは、自分の手を痒い場所に上手に持って行く事ができません。そのため、顔とか頭などをどこかにこすり付けたりするしぐさが多い時には、かゆみが原因かもしれません。夜中泣くのも、痒みが原因の1つになっている場合があるかもしれません。

いずれにせよ、あまりにも肌に炎症が広がって痒がっているようでしたら、早めに病院に連れて行く事が望ましいですね。

スポンサーサイト



| 記事リスト | テーマ  乾燥肌 | 
乾燥肌の人に必要な成分に、「セラミド」という物質があります。これは、アトピーの人にも必要です。

「セラミド」とは、簡単に言うと細胞と細胞の間にある脂質の主成分の物質ですが、化学物質や細菌、ウイルスなど、色々な異物が体内に侵入してくるのを防ぐバリアの働きもしてくれているものです。

乾燥肌の人は、お肌にこのセラミドが著しく減少しているため、皮膚表面の角質層から水分が蒸発して行ってしまいます。

そこで、「セラミドを補うと良い」ということになりますが、ではどのように補ったらよいのでしょう。


セラミドの補給


手軽に補おうとすれば、セラミド入りの化粧水とかゲル状クリームなどの化粧品をよく見かけます。他には、外から直接的に塗布するだけではなくて、サプリメントで摂取するという方法もあります。アトピー関連のセラミド入りのこんにゃくゼリーなんかも市販されていて、高価ですけどおいしく頂けすます。

基本的には、普段の食事から摂取することができます。大豆、米、小麦、ほうれんそう、キビなどに含まれていて、日頃は毎日少しずつ摂取できているとは思います。

セラミドの1日の必要摂取量は600マイクログラムです。中でも、コンニャクには特にたくさんのセラミドが含まれているそうです。生芋コンニャク100グラム程度食べると、1日の必要量をまかなえてしまいます。

コンニャクは、カロリーゼロでダイエットにもなって乾燥肌にも嬉しい食品ですね。
冬場でしたら、煮物やおでんにしたり、こんにゃくステーキ、こんにゃくサラダなど、色々な調理方法で飽きずに摂取したいですね。

ここで注意すべき点は、「生芋コンニャク」であるという事が重要です。パッケージの裏面の原材料を見て、「生芋」と書かれているものを使ってくださいね。

!--/container---------------------------------->