FC2ブログ
| 記事リスト | テーマ  乾燥肌 | 
これは、ある超乾燥肌の御一家の例です。

そのご一家は、奥さん以外は、ご主人と子供さん二人は超乾燥肌です。ですから、きちんと保湿をしてあげないと、一年中粉を吹いてざらざらしてしまいます。

乾燥の始まる秋からなんて特に悲惨です。1日に何回か水分補給してあげないと、痒がってお肌をかきむしったり、皮膚が剥がれちゃったりしてしまいます。

ご主人は遺伝性の病気である「魚鱗癬(ぎょりんせん)」です。若い頃は、アトピーではないけれど、とにかく猛烈な痒みだったそうです。ズボンを脱げば、皮膚がポロポロとこぼれ落ちる毎日だったそうです。

奥さんは、結婚して初めて、超乾燥肌で魚の鱗のようになっているご主人の足の皮膚を見て驚かれたそうです。そんな魚鱗癬で超乾燥肌のご主人が、今ではどこが魚の鱗のようになっているのかわからないほどです。

これには、子どもさんがアトピーでビックリした奥さんが、あれこれと調べて行き着いた答えが「無添加・保湿・保護」だったそうです。そして、それに最適なゲルクリームを見つけたことによって、子どもさんのアトピーも、ご主人の超乾燥肌も改善したという経緯がありました。

とにかく超乾燥肌では、お肌の内部に水分を保持する事ができません。ですから、お肌を保護するクリームに、水分を保持してくれるヒアルロン酸などの保湿成分が入ったものを選ぶと良いでしょう。

あと、食事にも気を遣われたそうです。食材はできる限り無添加のものを使って、高脂質・高カロリーな食事を避けて、粗食を心掛けました。現代の高脂質・高カロリーな食事は、血液を汚したりして、とても健康なお肌を作るとは思えません。
粗食にすると、自然と脂肪や糖分の取り過ぎを防ぐ事ができて、健康にとって良いことです。

それから、夜は早く寝るのは基本的なことです。夜の10時以降は、お肌の再生の時間帯です。しっかりと睡眠を取って、きっちりと水分を閉じ込めてあげた肌状態にしてあげると、その翌朝にお肌はきちんと答えてくれるでしょう。

スポンサーサイト



| 記事リスト | テーマ  乾燥肌 | 
空気が乾けばお肌も乾いてしまいます。お肌の乾きはシワを増やしたり弾力がなくなってたるんだり、肌老化を促進してしまうでしょう。

乾燥肌に対して外側からスキンケアをするだけでなく、「内部からケアして外部からは簡単なケアだけ」というのが理想です。

では、どのような成分を補給するのが効果的でしょうか。


乾燥肌に必要な成分


赤ちゃんのモチモチお肌は、コラーゲン(コラーゲン繊維)やヒアルロン酸、エラスチン(弾性繊維)、グルコサミン、コンドロイチン硫酸などのムコ多糖体と呼ばれる保湿成分を十分に蓄えているからです。

しかし、成長期を過ぎて20歳代をピークに、これらの大切な保湿成分や皮脂はどんどん減ってしまい、乾燥肌に傾いていきます。ある年齢に達すると「お肌の曲がりかど」などと表現されるのはこのためかもしれません。

これら重要な成分を補給する簡単な方法としては、サプリメントの摂取があります。しかし、有名なコラーゲンだけを摂取してみても、ヒアルロン酸などのムコ多糖体と呼ばれる保湿成分が不足していると、水分に富んだ若いお肌が保てません。サプリを摂取する場合、コラーゲンとヒアルロン酸を一緒に摂る方が効果的でしょう。

その他に、次のようなものが配合されていると嬉しいですね。

セラミド

お肌の潤いを守る成分。お肌の乾燥や肌荒れ、アトピー性皮膚炎などでは、セラミドの減少が原因と言われているそうです。

アスタキサンチン

お肌を紫外線から守ります。紫外線はお肌の乾燥の大敵で、シワの原因でもあります。

コエンザイムQ10

アンチエイジングの美容成分です。活性酸素を防止する抗酸化力があります。
不足すると、シワやシミなどの老化を引き起こす原因にもなり、補う事で若々しい肌を保つことができます。

!--/container---------------------------------->