FC2ブログ
| 記事リスト | テーマ  リフトアップ | 
サーマクールとは、お肌の「しわ」や「たるみ」に有効とされている治療法です。

サーマクールには、現在これといった副作用はないとされていますが、サーマクールは最新の治療法です。長期に渡るデータが存在しないのですから、副作用が今後確認される可能性もあるかもしれません。


サーマクールの副作用


施術後の肌に現れる副作用として挙げるとすれば、
「赤みを帯びる」、「腫れぼったくなる」、「熱を持った感じ」などの症状でしょう。

これらの症状は、出る人もいれば出ない人もおり、個人差がみられます。仮に症状が出てしまったとしても、すぐに治る人もいれば、なかなか治らない人もいます。それでも、症状は長くとも1週間前後とのことです。

症状が治らなかった場合、サーマクールの治療自体がお肌に合っていなかった、という可能性があります。その場合、サーマクールの施術は中断しましょう。いずれにしろ、施術後に何らかの症状が現れた時は、すぐに担当医に相談しましょう。

サーマクールは比較的痛みの少ない治療法と言われています。しかし、痛みを感じる人もいます。痛みを感じる人の中でも、少しの痛みからものすごい痛みまで、これもまた個人差があります。

麻酔をするとはいえ、多かれ少なかれ痛みを感じるという意見が多いようです。また、お肌が敏感な人は痛みを感じやすいようです。痛みについてはカウンセリングの段階で説明があるはずですが、施術を受けて痛みが耐えられないと思ったら、サーマクールを受けない決断をするのも1つの選択ですね。

技術の高い医師に照射してもう方が、痛みが少ないという意見もあります。クリニックを変わることで、痛みは解決できるかもしれません。

サーマクールでは、必ず冷却しながら施術を行います。熱を照射するので、希にやけどのような症状が出ることがあるそうです。ケロイド体質の人がサーマクールを受けられないのは、そのためです。


スポンサーサイト



| 記事リスト | テーマ  リフトアップ | 
以下の人は、サーマクールを受けられませんのでご注意ください。

(1) 皮膚に炎症を起こしている人(強い日焼け、皮膚炎)
(2) 日光過敏症の既往歴のある人
(3) ペースメーカーを入れている人
(4) 妊娠中の人
(5) 「金の糸」の施術を受けたことのある人
(6) 2週間以内に、他のレーザー機器で治療を受けた人
(7) 糖尿病や創傷治癒に体質的障害がある人





| 記事リスト | テーマ  リフトアップ | 
皮膚では、表皮の下の真皮層において、コラーゲン繊維が皮膚のハリや弾力などの役割を担っています。

若い時には、コラーゲン繊維は充分な太さと密度がありますが、加齢現象や紫外線により、コラーゲンを生成する線維芽細胞の機能が低下して、コラーゲンは減少していきます。すると、組織の弾力が損なわれ、シワやたるみが生じます。

それでは、たるみを防止して引き締めるためにはどうしたらよいのでしょうか。


サーマクールの作用


サーマクールが効果をあげているのは、コラーゲンの再構築です。サーマクールで本当にコラーゲンが戻るのでしょうか?

サーマクール治療では、「RF波(radio frequency)」という単一高周波(6MHz)を用いて、以前なら困難と言われていた「皮膚深層部(1.5~3mm)」へ到達させます。

真皮内では、ゆるくなったコラーゲン繊維を5~15%収縮させ、皮膚深層部の引き締めを50度付近で行っています。さらに新しいコラーゲン繊維の生成を促すため、1回の施術で5~35%のコラーゲンが再構築されます。

サーマクールを受けると、真皮層の中では何が起こるのでしょうか。

皮膚は傷害されると、「マクロファージ」が細菌、異物、破壊された組織を取り込み、組織内の清掃を始めます。それに伴って線維芽細胞は組織修復の主材料のコラーゲンを生成し、毛細血管も増えて血液を通して栄養が送り込まれて、組織の新生が促されます。

サーマクールを照射すると、線維芽細胞によるコラーゲンの新生が真皮内で促進されるのです。コラーゲンの増加に伴ってお肌のハリや弾力が回復するのは、これらの働きのためと考えられています。


| 記事リスト | テーマ  リフトアップ | 
お肌のシワやたるみの主な原因は「加齢現象」です。

加齢によってシワやたるみが起こるのは、「表皮・真皮」、「皮下組織」、「筋肉」の3つの老化現象が主な原因だったのです。


皮膚の表皮・真皮の老化


皮膚は「表皮」、「真皮」、「皮下組織」の3層構造からなります。

年齢とともに、「表皮」、「真皮」を構成しているコラーゲンやエラスチンなどの成分が減少するにつれて、お肌のハリも失われていきます。

皮膚は乾燥気味となり、水分の喪失で皮膚の弾力が失われてしまいます。カサカサになった皮膚には溝が走り、しわができるのです。


皮下組織の老化


皮膚の最深部にある「皮下組織」は、脂肪組織に富み、皮膚のクッションの働きをしています。

脂肪組織の間には、コラーゲンからなる繊維状の組織で支えられていますが、加齢とともにコラーゲンなどが減少すると、組織は弾力を失っていきます。

法令線や表情ジワなどの深いシワは、皮下組織が加齢で弾力を失っている状態です。


筋肉の老化


年齢とともに筋肉も衰えてきます。

表情を作る顔の「表情筋」も衰えて、フェイスラインが緩んでしまうのですね。

| 記事リスト | テーマ  リフトアップ | 
「サーマクール」というのをご存知ですか?

コスメ? サプリメント? スイーツ?

サーマクールとは、治療法の名称です。

アンチエイジング、すなわち若返りで自分を磨く女性が増えている現代、老化現象の「進行を遅らせる」あるいは「キャンセルする」ことを試みる女性が増えていますね。

サーマクールもまた、そんなアンチエイジングのひとつで


サーマクール


「サーマクール」とは、お肌の「しわ」や「たるみ」に有効とされている治療法です。また、治療機器を指して呼ぶこともあります。メスを使わない安全性や、その効果から、今注目を集めています。

具体的には、高周波を照射する治療法です。

私達が普段「お肌(皮膚)」と呼んでいる場所は、皮膚の中でも表面に過ぎません。お肌、すなわち皮膚は、大きく分けて、「表皮(ひょうひ)」、「真皮(しんぴ)」、「皮下組織(ひかそしき)」の3層構造から成っています。

さらに、皮膚の3層構造のうち、最も表層にある「表皮」は、さらに深部から表層に向けて「基底層(きていそう)」、「有棘層(ゆうきょくそう)」、「顆粒層(かりゅうそう)」、「角質層(かくしつそう)」から成っています。

サーマクールで使われる高周波は、「表皮」を傷つけずに「真皮」に作用します。深部から皮膚を引き締めて、かつ皮膚内部のコラーゲンの生成を促してくれると考えられ、皮膚のしわやたるみが改善されます。




!--/container---------------------------------->