FC2ブログ
| 記事リスト | テーマ  プラセンタ | 
美容業界で注目を集める「プラセンタ」は、胎盤(placenta)という意味です。

化粧品や健康食品の業界で「プラセンタ」として利用されているものは、胎盤自体を指しているのではなく、胎盤から成長因子や様々な栄養素を抽出した「胎盤抽出物」のことを指します。


プラセンタの歴史


プラセンタの医薬品として利用された歴史は古く、紀元前400年頃にギリシャのヒポクラテスが医療に用いていました。

紀元前250年頃の中国では、秦の始皇帝以来、不老不死の妙薬として用いられたそうです。その後に漢方薬の「紫河車(しかしゃ)」として珍重されました。日本においても、江戸時代に加賀の三大秘薬の1つに数えられ、紫河車を配合した「混元丹」が不老長寿や滋養強壮の薬として使われています。

エジプトのクレオパトラや、フランス王妃のマリー・アントワネットも美容や若返りの目的のためにプラセンタを利用していたと言われます。

1930年代の旧ソビエト連邦(現在のロシア諸国)において、フィラトフ博士によるプラセンタ(胎盤)の組織片を皮下に埋め込む「組織療法」が始められました。日本では1960年代に「組織療法」が急速に普及して、現在ではプラセンタの有効成分を効率よく抽出できる技術が開発されて、日本でも独自のプラセンタ研究が進み、その効果が注目されています。

また、日本では第二次世界大戦末期に、極度の栄養不足による妊産婦の母乳不足や、新生児の死亡率増加に対する対策として、プラセンタを利用した栄養剤の研究開発が行われました。その後、肝硬変の治療薬や更年期障害の治療薬として研究開発が進められて認可され、それに続いて胃潰瘍の治療薬としても認可されました。

このように、プラセンタの体内の調整作用が医薬品に広く利用されるのに伴い、自然治癒力を高める「自然薬」としても注目を浴びるようになりました。さらに、老化防止やお肌の若返りなどの美容効果に対して注目が集まるようになったのです。

現在、多くの化粧品メーカーで研究開発が進み、美容外科での医療用プラセンタの利用も行われていきました。






スポンサーサイト



| 記事リスト | テーマ  プラセンタ | 
美容雑誌や本などでも「プラセンタ」という言葉が多く掲載されるようになってきました。

プラセンタとは、「胎盤」を意味する言葉で、赤ちゃんと母親をつなぐ大切な役割がある胎盤には豊富な栄養があります。実際の美容や医療の分野では、「プラセンタ」は胎盤そのものを意味するのではなく、動物の胎盤から抽出された「プラセンタのエキス(抽出物)」という意味で用いられています。

現在、プラセンタは利用者の口コミによって広まって多くの情報があり、それだけ多くの人に注目されている成分なのです。

プラセンタ(胎盤)には、疲労回復や更年期障害、肝機能障害、さらに生理不順に対する改善効果を発揮すると言われています。動物から抽出されたプラセンタのエキスが入っている化粧品には美肌効果が期待されるのです。

「プラセンタ注射」という言葉を最近よく耳にするようになりました。プラセンタ注射は、最近注目されるアンチエイジング効果があるということで、多くの人が利用しています。

プラセンタ注射の目的によっては、保険が適用となる場合もあります。それは、肝機能を改善するために行う場合であり、「ラエンネック」と言います。もう1つは、更年期障害や生理不順の改善のために行う場合であり、「メルスモン」と言います。

プラセンタ注射には、当然、副作用も考えられます。プラセンタ注射の事前に医師からしっかりと説明を受けて、副作用や安全性について正しく理解した上で行ってください。







!--/container---------------------------------->