FC2ブログ
| 記事リスト | テーマ  乾燥肌 | 
今や、男性でもお肌のお手入れに気を遣っている人が多くなりましたね。

空気が乾くとお肌も乾いてしまい、シワが増えたり弾力がなくなってたるんだりする要因ともなります。秋から冬の時期は、乾燥肌の人達に共通の悩みといえるかもしれません。


乾燥肌対策


お肌の乾燥は、顔、や手足の肌色の部分だけではなく、唇でも重要です。乾燥肌の人が笑った瞬間にピキッと唇が割れてしまった経験がある人は多いと思います。

そんな時に塗っていたリップクリームが実は曲者で、合成化学物質が色々と入っているので皮膚表面の保護膜(皮脂膜)がボロボロになり、そこから多くの水分が蒸発してお肌の状態を悪化させたりする場合があります。

同様に、体全体を覆う皮膚の乾燥も、刺激性があるもので洗ったら悪化する要因になってしまいます。

安全と思われている「純石けん」が肌に合わない人もいます。シャンプーもきちんと洗い流すように気をつけないといけません。

乾燥肌対策の基本は、自分の肌に合う洗浄剤で肌を清潔に保ち、水やお湯からお肌が出た瞬間からお肌の水分が空気中に蒸発するので急いでお肌の保護膜を作ってあげる事です。ここで、お肌の保護膜(皮脂膜)に近い成分でできているといわれるのが「馬油」だそうです。

このように、なるべく化学的な添加物の入っていないナチュラルなものでお手入れしたいですね。お肌が乾燥しなくなると、お肌は本来持っている自然の力を存分に発揮します。

夜中がお肌の再生する時間帯ですので、乾燥肌対策の保湿ケアと十分な睡眠が大事ですね。

スポンサーサイト



| 記事リスト | テーマ  乾燥肌 | 
私は小さい頃から肌は丈夫でしたので、「乾燥肌」のことを考えたこともありませんでした。

でも、最近、なんだか自分は結構皮膚が乾燥して、とんでもない状態であるという事に気がついてしまいました。「膝小僧」なんてよく乾燥しています。幼い頃からずっとこの状態だったので、乾燥肌気味の状態だなんて気がつかなかったのですね。

実家にいる頃は、母が「バスクリン」とか「しっとりするボディーソープ」とか色々使っていたのですが、実は私はお肌が少しヒリヒリして刺激を感じていたんです。
自分の状態が把握できていなかったので、そのまま母のするがままに使い続けていました。

その結果、当然お肌の状態が改善しにくかったのです。

しかし、テレビ番組で乾燥肌の特集番組を見て、イヤでも私が乾燥肌によるかゆみについて思い知らせれて、それがきっかけで調べてみる事にしました。

なんと、乾燥肌のかゆみには、ボディーソープなどが原因となる事が多いのだそうです。「しっとり感」を宣伝文句がにしなら、確か、保湿系はプロピレングリコールとか何とか(?)という名前のものが多かったような記憶があります。

いずれにしても、合成化学物質の保湿成分が入っていることが多く、それが刺激の原因になってしまっていたのですね。洗浄成分の合成界面活性剤が皮膚表面のバリアを破壊してヒリヒリさせたりしていたみたいですよ。

こうして、ボロボロになった乾燥肌の深部にかゆみの刺激物質が入り込み、かゆくなってしまうのだそうです。

| 記事リスト | テーマ  乾燥肌 | 
赤ちゃんのお肌って、毛穴なんて全く目立たなくて、触るとモチモチの弾力があり、頬ずりすると気持ちいいですよね。

本当に赤ちゃんのお肌はみずみずしくて羨ましい限りです。ですから、赤ちゃんが乾燥肌やアトピーだったりなんかすると、お母さんにはとても悩みの種でしょう。

「赤ちゃんの肌はデリケート」と言われますが、大人が想像できる範囲を超えたデリケートさだったりします。大人の肌とどれくらい違うのかと言うと、赤ちゃんの皮膚の厚みは大人の2分の1から3分の1と言われます。しかも、お肌を保護する「皮脂膜」がまだちゃんとできていないので、お肌がちょっとした刺激に直接ダメージを受けやすいですね。

敏感な赤ちゃんは、特に皮膚が薄いようです。ほっぺに洋服が触っただけで刺激を受けて湿疹ができ、そこに生地が当たってさらに悪化してしまうという、まさに悪循環。

夏場は、空気がある程度潤っているので刺激を受けにくいですが、秋になって乾燥肌の季節になってくると、赤ちゃんの全身がガサガサしてきて、お肌がブツブツしちゃいます。お風呂上りには毎日すぐに保湿ケアしていますが、一日中乾燥してきたら、「清潔にして保湿」を何度も繰り返さないと追いつかない状態となる子もいるそうです。

しかし、ケアする側の大人が体力的に無理が出てきますので、赤ちゃんのお肌が悪化しちゃったら、迷わず薬を使うことを考えるのが実用的でしょう。

| 記事リスト | テーマ  乾燥肌 | 
空気が乾燥すると、お肌も乾いてしまいがちです。

乾燥肌が気になる冬場に、スキンケアをするのに最も効果的なタイミングは、入浴中や入浴直後でしょう。


乾燥肌に有効な入浴剤


入浴中の注意点は、ボディーソープやシャンプーなどの洗浄剤で皮脂を取りすぎたり、お肌に刺激を与えす過ぎたりしない事です。また、湯船につかる際には、お肌の保湿成分を配合した入浴剤を入れたり、塩素を中和するビタミンC入りの入浴剤を入れたり、今では色々な方法があるでしょう。

ただ、逆に入浴剤が肌トラブルが悪化する原因になる場合も少なくないようです。
ネットを見ていると、ある有名な入浴剤が大好きでいつもお風呂に入れていたらしいのです人が、その成分がお肌に合わなくてピリピリと刺激されて、余計にお肌に負担がかかってしまったという例もありました。

「昔からの入浴剤」と言えるかどうか分かりませんが、「木酢液(もくさくえき)」とか「竹酢液(ちくさくえき)」などがお肌に良いと聞いています。
液成分の殺菌、消臭効果で体を清潔にしてくれるそうです。体をこするのさえためらうほどにひどい乾燥肌でボロボロの状態になっている時には、試してみるのも良いかもしれません。

ただし、これらはニオイがとてもすごいです。慣れてくると、なんとも大自然の中にいるかのような独特の癒しの香り効果ともなりますが、そうなる前に断念してしまう人も恐らく多いでしょう。

癒しの香り効果といえば、天然の柑橘系の皮なんかも良さそうですよね。ミカンの皮は、入浴剤としてつかったり、体をこすったり、周囲の汚れを落としたり、色々な用途に使えるそうです。

でも、農薬まみれの物なんて使っちゃったら逆効果ですので、ご用心ください。

| 記事リスト | テーマ  乾燥肌 | 
乾燥肌はただ肌がカサカサするだけと思っていました。
でも、乾燥ってお肌の一番の大敵なんですよね。

お肌の「湿疹」は、食べ物とかストレスとか内側の原因で出ることも多いです。乾燥肌が原因の湿疹も、秋から冬の時期には多くなるそうです。


乾燥肌による湿疹


なぜ乾燥すると湿疹ができるのでしょうか。
その理由を簡単に説明します。

皮膚の表面は、皮脂と汗などが適度に交じり混じり合ってできた「皮脂膜」が保護しています。皮脂膜の役割は、大切なお肌の水分の蒸発を防いで水分を保持するのを助け、しっとりした美肌を作るための手助けをしています。

冬になると空気が乾燥するために、お肌も乾燥しがちです。お風呂に入った後や水仕事をした後とかには、特に、皮膚の表面からすばやく水分が蒸発してしまいます。乾燥肌では、皮膚の表面を保護してくれる皮脂膜が消失していて、皮膚に刺激物質が侵入しやすくなります。

お肌の刺激となる物質には色々あります。例えば、お肌をボリボリ掻いてしまう刺激、衣類に残る残留洗剤、化学繊維などによる静電気、ハウスダストなどです。

その他にも、身近にある様々なものが肌刺激の原因となります。その刺激物質が皮脂膜が消失したお肌表面からダイレクトに内部に侵入し、それが原因で湿疹が起きると考えられているのです。これが敏感肌の起こるメカニズムです。

多くの乾燥肌や敏感肌の人は、肌トラブルのない普通の人にとっては神経質だと思われる位、色々な事に気をつけられていることでしょう。

保湿ケアを徹底したことにより、湿疹が出なくなった実体験もあります。

今では、乾燥肌は、とにかくお手入れしないといけないものだと身にしみています。

!--/container---------------------------------->